顔のシミ

シミというのは、肌細胞が色素沈着を起こし、それによって肌の一部分の色が変化してしまうことを言います。基本、このシミというのは老化現象の1つだと言われていますが、若い年齢の方でも、間違った肌ケアをしていれば、若いうちからシミが出る場合があります。しわ・たるみと同様に、肌トラブルのなかでもシミは、1つあるだけで見た目年齢をぐっと老けさせてしまいますから、やはりシミが出来るのは避けたいですよね。

20代・30代でシミ対策のケアを始めたとしても、若い頃にしっかりと肌ケアをしていなかったせいで、10年後、20年後にその頃のツケのようにシミができる場合もありますから、出来るだけシミ対策は若い頃からやっておくことをオススメします。

昔は、ガングロなんてものも流行しましたが、今思うと、あの当時に頑張って日焼けをしていた女の子達は大丈夫なのかなぁ…と余計な心配をしてしまいます。メイクで黒くしている方もいましたが、実際に日焼けしていた方も多かったですもんね。それにあの頃は、現在のように紫外線がこれほどまでに肌に悪影響を及ぼすとは知られていなかったように思いますし。ちょうど、その流行の後にやってきた美白ブームで、いろいろ紫外線に対する認識が変わりましたよね。

シミといっても、肝斑・雀卵斑・老人性色素斑・脂漏性角化症・炎症性色素沈着・・・などの種類がありますが、どれも、古い肌細胞が排出されず、そのまま肌にメラニン色素が蓄積されて色素沈着となって出来たものです。

シミが出来る原因というのは複数存在しますが、しかし原因のほぼ8割ほどは紫外線によるものだと断言して良いと思います。それ以外の原因としては、ホルモンバランスの乱れ、ニキビ痕や剃刀負けなどによる肌への刺激、加齢による新陳代謝能力の低下、不規則な生活、喫煙…などが挙げられますが、これらの原因が複数に混ざり合ってシミが現れることが多いようです。

シミの予防・改善

シミの予防や改善を行う場合は、紫外線対策を万全にする・誤ったケア方法・肝臓や卵巣の働きの低下・不規則な生活習慣を改善する・過度なストレスを溜めない…などが挙げられます。

シミの多くの原因である紫外線を肌に触れないようにすることがとても大切なわけですが、大人になってから紫外線対策を行っても、もし子供の頃に紫外線を多く浴びていたのであれば、あまり意味はない…という言葉を時々見聞きします。これは、子供の頃、または若い頃に浴びた紫外線の影響が、大人になってからシミとして表に現れるからなんです。

私の知り合いでも、社会人になってメイクをしっかりするようになってから紫外線対策も肌ケアも万全に行っていたのに、いきなりシミが現れて困惑した…という方がいました。そして相談した医師から、「昔の紫外線が十何年後にシミとなって出ることがある」と言われたそうです。

今の30代くらいの方が子供の頃というのは、日焼けすることは悪いことだと言われていませんだし、寧ろ紫外線を浴びた方が健康だと言われている世代ですからね。仕方がないといえば仕方がないのかもしれませんが。

しかし、だからといって、全く何の紫外線対策を行わないというわけにはいきません。

寧ろ、大人になってからも紫外線を浴び続けていたら、それこそ更に肌の色は黒くなってしまいますし、シミは更に増えてしまいます。シミをこれ以上増やさないためにも、そしてこれから出来るかもしれないシミの数を減少させるためにも、大人になってからの紫外線対策はとても重要です。

紫外線対策は、外出時は必ず日焼け止めクリームや、UVカット効果のある化粧下地やファンデーションを使用したり、帽子・日傘・サングラスを使用したり、肌を露出せず、ポリエステルや綿などの素材の芽が詰まっている衣服を着用するなどして、肌に紫外線が当たらないように努力することが必要です。

室内や車内にいる時でも、窓ガラスを通って紫外線は侵入してきますので、UVカット効果のあるフィルムを窓ガラスに貼ったり、UVカット効果のあるカーテンやブラインドを使用して、紫外線が中に入り込まないようにして下さい。

また、紫外線対策では、生理前の10日間は、特に注意して紫外線対策をしっかり行って下さい。

というのも、生理前には、黄体ホルモンが分泌されるのですが、その黄体ホルモンの影響によって、メラニン色素が生成されやすくなるのです。

つまり、いつもと同じように紫外線対策を行っていても、いつもよりもメラニン色素の生成量が増えてしまう…ということですね。

また、肌に直物由来の汁や香水がついている状態で紫外線に浴びると、その汁や香水が強い刺激物質となることが多いため、注意することが必要となります。直接肌に香水をしなかったり、解毒薬の入った軟膏やオリーブ油を肌に付けることもシミができる危険があります。

誤った肌ケアもシミの原因となることがあります。肌に合わないスキンケア化粧品やメイクアップ化粧品を使い続けていたり、クレンジング時や洗顔時にブラシなどを使ってゴシゴシと肌を刺激するようにして洗ったり…と、間違ったケア方法によって、肌を傷めてしまう場合があります。

肌に合わない化粧品は炎症を起こす可能性がありますし、とにかく肌に傷を作らないように努力することも非常に重要となってきます。

肝臓の働きが悪くなると解毒作用が正常に作用されなかったり、卵巣の働きが悪い場合でも、顔にシミがでることが多くなります。

更に、すい臓・腎臓などにトラブルがあってもシミができる場合がありますので、もし、眉間や頬の外側にシミができたならば、内臓の不調を疑って、病院で診てもらうことをオススメします。なお、腸内に宿便が溜まっていると、鼻筋にシミができる場合がありますよ。

不規則な生活習慣を改善する・過度なストレスを溜めないというのは、活性酸素や、脳からのメラニン細胞刺激ホルモン(MSH)を増やさないために必要なことです。紫外線を浴びていなくても、不規則な生活を続けていたり、ストレスを溜め続けていると、肌ではなくて、脳が危険を感じてメラニン細胞刺激ホルモンを分泌するんですね。

忙しくて寝不足が続くと、顔色が優れないように見えることがありますが、この顔色の変化もメラニン細胞刺激ホルモンが影響している場合があります。ストレス・睡眠不足・喫煙は、活性酸素を増やす要因でもありますから、できるだけ規則正しい生活をし、ストレスを溜めないよう、またはストレスを発散する方法を見つけ、更に禁煙することで、活性酸素の増加を防ぐことができますよ。

ちなみに活性酸素というのは、細胞や細胞にあるDNAを傷つけてしまったり、老化を促してしまう物質のことを言います。ガンの原因が活性酸素であることも多いですよ。紫外線を浴びることでそれが刺激となり、体内では活性酸素が大量に発生するようになります。

普段ならば、活性酸素は、体内に侵入してくる病原菌などを阻止する役割を担っており、生きていくうえで欠かせない重要な存在なのですが、活性酸素が大量に発生すると、細胞を傷つけてしまいます。もちろん、細胞レベルの出来事なので、実際に目で確認することはできませんが、大抵の肌トラブルは、この活性酸素の仕業…とも呼ばれています。

活性酸素は、紫外線・喫煙・飲酒・過剰なストレス・農薬・食品添加物・パソコンや携帯電話などからの電磁波・排気ガス・大気汚染・水道水の塩素…などで簡単に大量に増やすことができますよ。そして、メラニン細胞刺激ホルモン(MSH)は、メラのサイト刺激ホルモン・エンドセリンで、共に紫外線を受けることで表皮細胞に出てくる物質のことを言います。

生活習慣の乱れは、肌の再生機能であるターンオーバー機能を乱す原因にもなってしまいますから、生活習慣を見直したり、食生活を改善したり、睡眠をしっかりとったり、ストレスを溜めないようにするだけで、充分にシミの予防や、既に現れているシミの解消なども買おうとなりますよ。

この時、ターンオーバーが一番活性化する午後10時~午前2時は、眠っていることをオススメします。この時間帯はゴールデンタイムと呼ばれており、起きているよりも眠っている方がターンオーバーが活発に行われるのです。もし、午後10時に眠るのさすがに早い…という方や、まだ午後10時には帰宅していない…という方もいらっしゃるでしょうが、なるべくこの時間は眠るようにしたり、もしくはリラックスさせて過ごして下さい。

食品によって、シミを改善する方法もあります。といっても、それぞれの食品に含まれている栄養成分が、直接シミを消す作用を持っているのではなくて、新陳代謝を高めたり、身体が酸化してしまうのを防ぐ作用を持つ成分を摂取することで、シミをできにくくするのです。

効果のある成分は、真皮の新陳代謝を促す効果のあるビタミンE、身体が酸化するのを防いでくれるビタミンB2やベータカロチン、メラニン生成を抑制し、コラーゲンの合成を促すビタミンCなどがありますので、積極的に摂取して下さい。

ただし、レモン・ライムなどの柑橘系や、パセリ・セロリなどに含まれているソラーレンという物質は、シミを助長する作用がありますので、これらを大量に食べた後に紫外線を浴びると、通常よりもシミが出来やすくなりますので注意する必要があります。

シミの種類

2014/3/7

肝斑(かんぱん)というのは、肝斑のためのサプリメントが発売されていますし、またそのテレビコマーシャルも頻繁に流れていますから、ご存知の方は多いと思います。

ただ、やはり肝斑の知名度が上がってきたのはここ数年ではないでしょうか。

この肝斑というのは、ホルモンバランスの変化が原因だと言われています。更年期や婦人科の病気にかかってしまった時に現れることが多いですが、妊娠している時もこの肝斑が出ることが少なくないようです。

続きはコチラ